映画化!面白い小説「モンスター」百田尚樹


モンスター

百田尚樹による「モンスター」が2013年4月に、高岡早紀さんが主演で映画化されていました。
永遠のゼロの作者として知られている百田尚樹が描く、ひとりの女の物語です。
彼女はかつて「モンスター」と呼ばれる程醜い容姿の持ち主で、そのせいで不遇の人生を歩み続けていました。
整形手術で絶世の美女に生まれ変わり、かつての故郷に舞い戻った彼女は、初恋の人と再会します。
初恋の男は彼女とは全く気付かず夢中に・・・男ってヤツは。
女は結局容姿か!と食い気味で問い詰めたくなりますが、この物語が一味違うところは、
主人公の女性が相当にゆがんでいるというところです。はっきり言ってかなり怖いです。
女は見た目だと公言している男性の方々、気をつけないと大変なことになりますよ。

映画化されてから1年くらい経ちましたが、まだDVD化はしていません。
また、電子書籍化もしていないので、改めて読み返してみるのもおすすめです。

■ツイッターでのモンスターの読後感想

You may also like...

コメントを残す