ウエットな資本主義(日経プレミアシリーズ)鎌田實


ウェットな資本主義

ウエットな資本主義というタイトルに、どんな内容かと惹かれた。
それと併せて、鎌田實という医師が資本主義に関しての本を書いていることに興味を覚えた。
ウェットな資本主義というテーマで、ちゃんと経済を回す立場にある人(お金持ち)が経済を回そうとかそんなことや、
長野県の企業を紹介している。今の資本主義は合理的過ぎるとでも言いたいのかもしれない。
しかしながら、個人的にはそれが資本主義なんだとも思った次第。
日本は極めて資本主義の道を行こうとしても、結果的にそれがフィットしない国なのではないかと思う。
そして、この国は資本主義ではなくて、共産主義なのではないかとも思う。もしくは社会主義である。
富の再分配を行う機能としてある国家の存在が疑問視され、税金というものに対する考え方も人それぞれで変わって行く。
そんな中でもウエットな資本主義的思考で、温かみのある行動や施策を多くの企業、人が実行していくのが望ましいのではないかと思った。

admin_kin

これからは電子書籍の時代!ということで、コツコツとおすすめの電子書籍を紹介していきます。使っているリーダーはKindle Paperwhiteです。

You may also like...

コメントを残す