ゲーミフィケーション―<ゲーム>がビジネスを変える 井上 明人 (著)


ゲーミフィケーションといえば2012年のホットキーワード。
ゲームを連想する方も多いと思うが、ゲーミフィケーションとは、まさにゲームの要素を抽象化したものである。
作業や、複数ステップのある入力フォーム、たくさんのTO DOの処理。そういったものが嫌な人は多いのではないだろうか?
そんな単純作業にゲーム、楽しむ要素を入れることで、楽しく続けられたり、盛り上がるものにしようというものがゲーミフィケーションの概念である。
ちょっと耳にして、ビジネスに興味があるのであれば一読の価値がある本書籍。
読みやすく、入門書としても読みやすい。
概念的には昔からあるのだが、ネット上で多くの企業が導入したり、ゲームアプリやゲーム業界の動きが多くあったこともあり、
非常に盛り上がって来ている。
個人的にはビッグデータかゲーミフィケーションというのが、しばらくホットキーワードであると考えている。
興味がある方はぜひ。
こちらは中古で購入しても良いかもしれません。電子書籍版が新品よりはやはり安いですが、、

admin_kin

これからは電子書籍の時代!ということで、コツコツとおすすめの電子書籍を紹介していきます。使っているリーダーはKindle Paperwhiteです。

You may also like...

コメントを残す