漫画家のリアルがわかる本!漫画貧乏(佐藤秀峰)


漫画貧乏

漫画家というものはとても印税を手に入れていると思っていた。
そして、ほとんどの人がそういうように思っていて、漫画家は夢のある職業だと思っていると思う。
私自身もそうだったのだ。
漫画貧乏という本は今日現在は無料でkindle版に関しては購入することができる。
これは出版業界を全て敵に回してもおかしくない独白本である。
また、この本を読んで漫画家を目指そうという人はほとんどいないのではないか。
最近ではクラウドファウンディングという仕組みや流れもできてきて、そういった資金調達をして、
漫画家を目指すというのが良いのではないだろうか。
とはいえ、誰もがそんなに器用ではなく、やり手漫画家がなし得る技なのではないかとも思う。
出版社との関係や印税が漫画を書けば手に入ると思っていたが、そんな甘い世界ではないのだなーと。

admin_kin

これからは電子書籍の時代!ということで、コツコツとおすすめの電子書籍を紹介していきます。使っているリーダーはKindle Paperwhiteです。

You may also like...

コメントを残す