生命保険のカラクリ (岩瀬大輔著)


生命保険のカラクリ (岩瀬大輔著)はガン保険のからくりを理解できる良書です。
生命保険業界に革命を起こそうとしているライフネット生命、その代表取締役の著書は保険に興味がない方でも、
ビジネス、特に新しいビジネスを考える上で参考になるのではないでしょうか。

生命保険会社のイメージを新しく塗り替えたと言っても過言ではない著者の、旧態依然とした保険業界で企業をしていく様子や、熱い思いを感じることができました。
著者は、米国ハーバードのビジネススクールで勉強された後、インターネット専業の生命保険会社の副社長を務めるようになった人物です。
まだ、30代という若い著者がどのような道のりを歩んできたのかを知ることができるだけでなく、保険業界の内情なども勉強することができました。
ネットで簡単に手続きを取ることができるだけでなく、大胆な価格破壊も行った岩瀬氏の業績は目を見張るものがあります。

◆隆志さんからのレビュー
”「ライフネット生命」を一から立ち上げた著者の言葉は重い。
東大在学中に旧司法試験に合格し、ハーバード・ビジネス・スクールでは日本人4人目となるBaker Scholar賞を受賞した稀代の俊英が見事な経歴を擲って、ネットをフル活用した生命保険会社を立ち上げる。
出口治明という知将を社長に得たことも、彼の強運であろう。その彼が渾身の思いで書き上げた本書が面白くない訳がない。
特に「批判は簡単だが、改善策を提示するのは凄く難しい」という彼の言葉には実感がこもっている。
日本の未来を託せる傑出した人間の一人だと信じる。”

◆書籍の推薦者
池田信夫氏(アゴラ研究所社長、経済学者)

◆「BOOK」データベースより
日本の約九割の世帯が加入しながらわかりにくい生保。保険業法の改正により、外資の波も押し寄せている。
生保のしくみを知って、新時代の保険との付き合い方を身につけよう。

admin_kin

これからは電子書籍の時代!ということで、コツコツとおすすめの電子書籍を紹介していきます。使っているリーダーはKindle Paperwhiteです。

You may also like...

コメントを残す