人気の電子書籍リーダー比較結果


電子ブックリーダー、Eブックリーダーといった呼称がある。やはり注目はAmazonから発売されたKindleですね。
また、サイズを小さくして販売されているiPad。

Kindle

Amazonから販売。Kindle Paperwhite、Kindle Fire、Kindle Fire HDといったラインナップ。
低価格でコストに見合うだけの電子書籍リーダーとしての力を発揮しそうです。
「Kindle Fire」なら、アプリやゲーム、音楽を24時間365日、いつでも購入できるので、本以外にも楽しむことができるのではないでしょうか?
タブレット端末を1台もお持ちでないなら、買ってみると良いかも。

iPad / Apple

iPad2からかなりのサイズダウンをしたiPad miniがおすすめ。

kobo / 楽天

炎上マーケティングだったのか、ただの炎上だったのかは不明ですが、かなり注目を集めました。
梱包からの取り出しも難しいと話題になり、Youtubeでその様子が公開されていたこともありました。
今後の楽天の動向次第では購入を検討しても良いのではないでしょうか。

Nexus / Google

googleのオリジナル端末のNexus。タブレットサイズで見る場合はnexus 7以上になります。
Google Playのマーケットプレイスから電子書籍アプリをダウンロードして、購入した電子書籍を読めます。
また、Googleドライブに自炊した本のデータをアップしておけば、nexusからアクセスしてPDFデータを読むことができます。

Lideo / BookLive!